タイルアートとは

タイルアートとは

モザイクタイルは紀元前から現代に続く美術工芸です。海外では当たり前に知られているものですが、日本では中々馴染みのないアートです。千葉にある有名なテーマパークのシンデレラ城に飾られている・・・というと思い出されますか?あるいはスペイン・バルセロナにある有名な世界遺産アントニオガウディのサグラダファミリア「聖家族教会」で使われているというとお分かりいただけるでしょうか。

欧米、アジアなどの歴史ある教会、モスクやお城、宮殿などにはふんだんに使われています。モザイクとは小さなかけらを意味しており、タイルのかけらを集めて絵や柄を作ることをモザイクタイルといます。

磁器やガラス、大理石など様々な種類のタイルは建築材料ですから、高価ではありますが非常に耐久性があり、屋内外、様々な場所に使うことが出来る大変汎用性の高いものです。

古き歴史ある美術工法であるモザイクですが、基本的に石ではなく木の文化であった日本に入ってきたのはかなり後世になります。現代の日本においても「モザイク?何それ?」と言われてしまう程一般的でないのは、恐らくその制作工程が驚くほど時間のかかる作業だからだと思われます。全く合理的とは程遠いコツコツと緻密な工程です。

ただ、やはりそれだけ時間をかけたモザイクは、時間をかけたならではの重みがあります。筆書きの絵画とは全く違う質感や重厚感、高級感があります。またタイルは表面が平らではなく湾曲しているので、作品表面が均一ではありません。それがモザイクタイルの光のマジック。光の当たり方でキラキラと非常に輝き感が増すのです。

KATSUのモザイクアートは、繊細なカット技術と木材などの加工を駆使したオリジナルな下地で、時には日本ならではの「和」を取り入れたりと他にはない独自なタイルアートの世界を広げています。作品はお客様のご希望に沿ったデザインでお作りいたします。

磁器やガラスのタイルを中心に、タイルを細かくカットしていき、土台となるもの(オブジェなどは木材など)、または壁・床などに張っていきます。タイルは建築材料ですから、雨や風などにも強く,屋外のオブジェ・看板や外壁などにも適しています。小さな小物や室内の飾りとしてだけでなく、建物の外装・内装にも施せるのは、タイルアートの最大の魅力でもあります。また日本の限られた住宅でも飾っていただけるように細かなカットを施したインテリアオブジェも制作しております。


小さな手のひらサイズのオブジェから建築施工まで・・・タイルアートのことならぜひお問い合わせください。